美容整形でできる輪郭のお悩み解消治療方法

日帰り手術で改善したい人にピッタリ

コンプレックスを抱えるなら整形すべき / 日帰り手術で改善したい人にピッタリ / 顔全体のバランスを考えることが大事

エステサロンではフェイシャルメニューに、小顔エステのメニューもありますが、骨自体が異常に発達をしている場合は、いくら高額エステを受けても改善はしません。
ワイドに張り出したエラの骨を目立たなくさせるには、医療機関で骨を削るのが最善の方法です。
受け口に悩んでいるなら下あごの骨セットバック法がありますが、この場合は歯を抜いての治療になります。
抜歯は下あご4番部分であり、根元まで天然歯を削り取りますので、歯のことまで考えて検討をすることです。
骨ごと前歯部分を後ろ側へと下げる手術であり、お口の中よりの治療なので、見た目は大きく変わるものの、顔に傷が残る心配はありません。
オトガイ削りならば骨格ごと受け口を直すことができますし、あご自体をひっこめることができます。
口ゴボや出っ歯の場合は上あごの骨セットバック法での対処であり、上あご4番の歯を抜いて骨を削り骨ごと前歯部分を後ろ側へと下げるやり方です。
上あごが出ているのが恥ずかしくて治したいとか口ゴボを解消したい人にも向いていますし、口元を下げることで上品な印象にしたい人にも適しています。
常に口元が気になるワイヤー矯正治療は避けたい人にも良いですし、日帰り手術で改善したい人にもピッタリです。